FPの実務家がアドバイス!「独学で合格する!3級FP技能士 試験対策ブログ」


~ 3級FP技能士 独学合格への道 ~

Total: / Now:

<< 2012-10- | ARCHIVE-SELECT | 2012-12- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2012年9月3級学科試験(26)相続・事業承継「小規模宅地等の特例」

相続・事業承継(学科)独学 3級FP技能士 試験 解説 FP3級合格対策チーム 岡村真由美 中野克彦 福島由恵
 問題(60)

(60) 相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定居住用宅地等に該当する場合,( 1 )を限度面積として,評価額の
( 2 )を減額することができる。
1) (1) 200㎡ (2) 50%
2) (1) 240㎡ (2) 80%
3) (1) 400㎡ (2) 80%



岡村真由美
 解説者:岡村 真由美

    (DCプランナー、CFP(R)、1級FP技能士)




正解:2) 【小規模宅地等の特例】

「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定居住用宅地等に該当する場合,240㎡を限度面積として,評価額の80%を減額することができる。



 【イラストテキスト該当ページ】

  15.相続財産の評価
     「小規模宅地等の特例」
       (1)自分で使っている土地(自用地)の評価(P.309)




【過去の出題】
2011年9月3級学科試験(60)相続・事業承継「小規模宅地の特例」
2010年9月3級学科試験(60)相続・事業承継「小規模宅地の特例」
2010年1月3級学科試験(60)相続・事業承継「小規模宅地の特例」
2007年1月3級学科試験(60) 相続・事業承継 「小規模宅地等の評価減」
2006年9月3級学科試験(60) 相続・事業承継 「小規模宅地等の評価減」



【解 説】
小規模宅地等の特例とは、相続よって取得した土地が、居住または事業に使われていた場合、一定の要件を満たすと土地の評価額を一定の割合で減額してもよいという制度です。

土地が相続税が高くて、土地を売らないと相続税を払うことができないなど負担を軽減されるよう設けられたのがこの制度です。

居住に使用されていた土地(自宅)を配偶者が相続(配偶者は住まなくても、持ち続けなくてもOK)した場合や、同居の親族が相続して住み続けるなどの条件をみたした場合は、土地の評価額を240平方メートルまで80%に下げることができます。
      
どのくらい減額できるかは、その土地が何に使われていたのか等によって違います。

わかりやすいように表にまとめました。

≪小規模宅地等の特例≫
┌──────────────┬─────────┬─────┐
│宅地等           │適用上限面積   │減額割合 │
├────────┬─────┼─────────┼─────┤
居住用     │居住継続 │ 240平方メートル │ ▲80% │
│        ├─────┼─────────┼─────┤
│        │居住非継続│    ×     │  ×  │
├────────┼─────┼─────────┼─────┤
事業用     │事業継続 │ 400平方メートル │ ▲80% │
│        ├─────┼─────────┼─────┤
│        │事業非継続│    ×     │  ×  │
├────────┼─────┼─────────┼─────┤
│不動産貸付   │事業継続 │ 200平方メートル │ ▲50% │
│        ├─────┼─────────┼─────┤
│        │事業非継続│    ×     │  ×  │
└────────┴─────┴─────────┴─────┘
平成22年度税制改正によって、小規模宅地等の特例が縮減されました。
居住用・事業用不動産は継続的に居住・事業をしていないと特例は受けられなくなりました。


事例で考えてみましょう。

特定居住用宅地等の条件にあてはまる 1億円の土地 300平方メートルがあります。

この場合、この土地300平方メートルのうち240平方メートルまでの部分について、80%の減額が受けらます。

減額できる金額は、1億円×240/300×80%=6,400万円 です。

この土地の評価額は、1億円-6,400万円=3,600万円となります。

1億円の土地が3600万円の評価になるお得な制度です。

小規模宅地等の特例を使うには、相続税の納税義務がなくても必ず申告をしなくてはなりません。

居住用の240平方メートルまで80%減はよく出題されるところですので、数字をしっかり覚えておきましょう。



────── COPYRIGHT (C) Mayumi Okamura All Rights Reserved. ──────


スポンサーサイト

| 相続・事業承継 | 12:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。