FC2ブログ

FPの実務家がアドバイス!「独学で合格する!3級FP技能士 試験対策ブログ」

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


~ 3級FP技能士 独学合格への道 ~

Total: / Now:

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2012年9月3級学科試験(10)リスク「地震保険」

ライフプランニングと資金計画(学科)独学 3級FP技能士 試験 解説 FP3級合格対策チーム 中野克彦 福島由恵
 問題(10)

地震保険の補償の対象は居住用建物および生活用動産であり,1個または1組の価額が30万円を超える宝石や骨とうなどを補償の対象とすることはできない。



中野克彦
 解説者:中野 克彦

    (経営コンサルタント、CFP(R)、1級FP技能士)




正解:○ 【地震保険】

地震保険は住宅と家財(ともに生活で使っているもの)が対象で、1個または1組の価額が30万円を超えるものは対象外となっています。



 【イラストテキスト該当ページ】

  7.火災保険・地震保険
     「火災保険とセットで加入する地震保険」
       (P.101)




【過去の出題】
学科試験(40) リスク「地震保険」
2012年5月3級学科試験(40) リスク「地震保険」


【解 説】
地震保険は、「地震、噴火、津波」を原因とする火災,損壊,埋没または流失による損害を補償する保険です。

なお、火災保険契約と一緒に契約をする必要があります。つまり、単独に地震保険だけ加入することはできません。

上限額が決められていて、建物は5000万円で、家財は1000万円になります。過去にも出題されていますので、この数字はしっかり覚えておきましょう。

主契約である火災保険の保険金額の30%~50%の範囲でかけることができます。

●保険金額
┌──────┬────────────┬──────────┐
│      │ 保険金額に対する割合 │   限度額    │
├──────┼────────────┼──────────┤
│  建物  │             │   5000万円   │
├──────┤   30% ~50%     ├──────────┤
│  家財  │             │    1000万円   │
└──────┴────────────┴──────────┘


地震保険からは、地震保険料控除についても出題されています。こちらも合わせて確認をしておきましょう。

1年間で支払った地震保険料は、5万円以下であれば支払った金額の全てが、5万円以上であれば、最高5万円が所得控除として、総所得(5年間の全ての所得を足したもの)から差し引くことができます。

●保険料控除
┌──────┬────────────┬──────────┐
│ 区分   │年間支払い保険料の合計 │ 控除額      │
├──────┼────────────┼──────────┤
│      │  5万円以下      │ 支払い金額全額  │
│ 地震保険 ├────────────┼──────────┤
│      │  5万円超       │ 5万円       │
└──────┴────────────┴──────────┘


●保険の対象
住宅と家財(ともに生活でつかっているもの)
なお、1個または1組の価額が30万円超のものは対象外



地震保険では、上記の3点をおさえておきましょう。



────── COPYRIGHT (C) Katsuhiko Nakano All Rights Reserved. ──────


| リスク管理 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://fp3goukaku.blog.fc2.com/tb.php/104-073dfb7b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。