FPの実務家がアドバイス!「独学で合格する!3級FP技能士 試験対策ブログ」

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


~ 3級FP技能士 独学合格への道 ~

Total: / Now:

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2012年9月3級学科試験(21)不動産「定期借家権」

不動産(学科)独学 3級FP技能士 試験 解説 FP3級合格対策チーム 三沢恭子 中野克彦 福島由恵
 問題(21)

定期建物賃貸借契約(定期借家契約)において1年未満の期間を定めた場合,期間の定めのない賃貸借契約とみなされる。



三沢恭子
 解説者:三沢 恭子

    (宅地建物取引主任者、CFP(R)、1級FP技能士)




正解:× 【定期借家権】

定期借家契約では、1年未満の期間を定めて契約を結ぶこともできます。




 【イラストテキスト該当ページ】

  4.借地借家法
     「他人の建物を借りる権利~借家権」
       (2)借りる期間が定められる定期借家権(P.228)




【過去の出題】
2010年1月3級学科試験(25)不動産「借地借家法」
2009年9月3級学科試験(24)不動産「借地借家法」
2007年5月3級学科試験(21)不動産「借地借家法」


【解 説】
定期借家権とは、
期間を区切って(3ヶ月とか10年間など長短の制約はない)その一定期間だけ建物を貸し、その期間の満了により契約が終了する更新のない借家契約をいいます。


☆定期借家権のポイント

*契約は書面で行う(口頭ではダメ)
*更新がないことを事前に書面で説明する
*最短期間の定めがない(1年未満も可能)
*契約期間終了の通知を行うこと
*一定の理由があれば中途解約の申し入れができる
    (床面積200平方メートル未満の建物)

┌──────┬─────┬─────┬─────┬──────┐
│      │存続期間 │契約更新 │契約方法 │ その他  │
├──────┼─────┼─────┼─────┼──────┤
│      │1年以上 │あり   │制限なし │1年未満は期│
│普通借家権 │     │拒絶には │     │間の定めのな│
│      │     │正当事由が│     │い契約となる│
│      │     │必要   │     │      │
├──────┼─────┼─────┼─────┼──────┤
│      │期間を確定│なし   │書面で契約│更新しない旨│
│定期借家権 │長短は自由│     │(公正証書│の書面を交付│
│      │1年未満可│     │でなくても│事前説明  │
│      │     │     │可能)  │契約終了の事│
│      │     │     │     │前通知を行う│
└──────┴─────┴─────┴─────┴──────┘



────── COPYRIGHT (C) Kyoko Misawa All Rights Reserved. ──────


| 不動産 | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://fp3goukaku.blog.fc2.com/tb.php/110-e0442323

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。