FC2ブログ

FPの実務家がアドバイス!「独学で合格する!3級FP技能士 試験対策ブログ」

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


~ 3級FP技能士 独学合格への道 ~

Total: / Now:

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2012年5月3級学科試験(59)相続・事業承継「相続時精算課税制度」

相続・事業承継(学科)独学 3級FP技能士 試験 解説 FP3級合格対策チーム 岡村真由美 中野克彦 福島由恵
 問題(59)

相続時精算課税を選択した場合の贈与税額は、課税価格から特別控除額(累計で2,500万円)を控除した後の残額に、一律( )の税率を乗じて計算する。
1) 10%
2) 20%
3) 25%



岡村真由美
 解説者:岡村 真由美

    (DCプランナー、CFP(R)、1級FP技能士)




正解:2) 【相続時精算課税制度】

相続時精算課税を選択した場合の贈与税額は、課税価格から特別控除額(累計で2,500万円)を控除した後の残額に、一律 20%の税率を乗じて計算します。



 【イラストテキスト該当ページ】

  14.相続時精算課税制度
     「相続時精算課税制度」
       (1)相続時精算課税の相続税額の計算(P.305)




【過去の出題】
2012年1月3級学科試験(29)相続・事業承継「相続時精算課税制度」
2011年9月3級学科試験(58)相続・事業承継「相続時精算課税制度」
2011年1月3級学科試験(60)相続・事業承継「相続時精算課税制度」
2010年5月3級学科試験(59)相続・事業承継「相続時精算課税制度」
2010年1月3級実技試験 【第5問】 (14) 「相続時精算課税制度」
2009年5月3級学科試験(60)相続事業承継「住宅取得資金の相続時精算課税制度」
2008年9月3級実技試験 【第5問】(15) 相続時精算課税制度
2007年5月3級実技試験 【第5問】(15) 相続時精算課税制度

【解 説】
相続時精算課税制度は、試験によく出題されています。

相続時精算課税制度は、生前に親から子へ早く資産を移転して、有効に活用するよる目的でつくられた制度です。

65歳以上の父母から、20歳以上の子に対する贈与について、2,500万円までの控除があり、これを超える部分について一律20%の贈与税がかかります。

2500万円の非課税枠までは、金額、回数に制限はありません。

親の相続が発生した場合にその贈与財産を相続財産に加えて相続税額を計算します。
相続時精算課制度により納めた贈与税があれば、相続税から控除し、控除しきれない場合は還付されます。
相続時精算課税制度を使う場合には、たとえ贈与税がゼロであっても税務署に申告が必要です。

相続時精算課税制度を一度選択した場合は取り消しができないため、贈与を受けた親からの贈与につき贈与税の基礎控除(110万円)の非課税枠を使うことができません。

 ┌─────────┐          ┌─────────┐
 │   贈与者   │          │   受贈者   │   
 │         │ ───────→ │         │
 │ 65歳以上の父母 │ 2,500万円まで   │ 20歳以上の子  │
 └─────────┘     非課税  └─────────┘

相続時精算課税制度についてしっかり覚えておきましょう。
青字の部分がポイントです。
過去の問題についても、何が問われているか確認をしておきましょう。



────── COPYRIGHT (C) Mayumi Okamura All Rights Reserved. ──────


| 相続・事業承継 | 00:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://fp3goukaku.blog.fc2.com/tb.php/40-fc8b880d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。