FPの実務家がアドバイス!「独学で合格する!3級FP技能士 試験対策ブログ」

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


~ 3級FP技能士 独学合格への道 ~

Total: / Now:

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2012年5月3級学科試験(36)リスク「責任準備金」

ライフプランニングと資金計画(学科)独学 3級FP技能士 試験 解説 FP3級合格対策チーム 中野克彦 福島由恵
 問題(36)

生命保険会社が破たんした場合,生命保険契約者保護機構により,原則として,破たん 時点の補償対象契約の(   )の90%まで補償される。

1) 支払保険料等
2) 解約返戻金等
3) 責任準備金等



中野克彦
 解説者:中野 克彦

    (経営コンサルタント、CFP(R)、1級FP技能士)




正解:3 【責任準備金(生命保険契約者保護機構)】

生命保険契約者保護機構による補償の対象は、責任準備金の90%までです。



 【イラストテキスト該当ページ】

  1.リスクマネジメント
     「保険に関連する制度」
       (1)契約者を守る「保険契約者保護機構」(P.77)




【過去の出題】
2011年9月3級学科試験 (38) 「責任準備金」
2011年5月3級学科試験 (36) 「責任準備金」
2008年9月3級学科試験 (36) 「責任準備金」


【解 説】
生命保険契約者が破たんした時に、契約者を保護するのが「生命保険契約者保護機構」です。損害保険には「損害保険契約者保護機構」があります。

ここで押さえておきたいのは、生命保険契約者保護機構の対象と、補償の内容です。


<加入対象>

 国内で事業を営む保険会社(外資系保険会社も含む)

なお、各種共済、少額短期保険業者は加入対象にはなっていない点に注意!


<保障の内容>

 責任準備金の90%

※責任準備金とは、将来の保険金等の支払いに備え、保険料の中から積立が義務付けられている準備金のことをいいます。これは保険業法で定められています。



────── COPYRIGHT (C) Katsuhiko Nakano All Rights Reserved. ──────


| リスク管理 | 15:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://fp3goukaku.blog.fc2.com/tb.php/9-2fc7c30f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。